これからの時代に必要な力

 欧米人に比べて日本人が弱いと言われているプレゼンテーション力。これからの時代に生きる世代には、世界の人たちに向けて発信できる力が必要とされています。本校でも、コミュニケーション力やプレゼンテーション力を付けるために、様々な機会でその育成に取り組んできました。
 その力を競う「第2回樟蔭杯英語プレゼン大会」が11月18日に樟蔭大学で開催されました。本校2年生が「Me and My Vallayball 」というタイトルでプレゼンテーションを展開しました。他府県のたくさんの素晴らしい中学生のプレゼンが披露されましたが、身近な話題を日頃獲得した英語を使って発表した本校のプレゼンテーションは、福住らしさが随所に醸し出された好感の持てるものでした。