本校では、授業力向上を目標に、全先生方が年1回以上校内公開授業を行い、互いに「見る、見せる」を実践しています。また、昨年より、研究テーマを「主体的で対話的な学びの授業の研究」とし、生徒が興味関心を持って授業に取り組み、自ら考え、友達と話し合い、よりよい考えを出し合える授業作りを継続して研究しています。

 今回は、県教委の吉川指導主事に来ていただき、研究授業(国語)の指導講評ならびに、「主体的・対話的で深い学びの実現」についてご指導いただきました。昨年から、さらに踏み込んだ内容で事例なども示していただき、今後自分たちで研究していく参考になりました。また、振り返りの大切さを再認識できました。  

  

 研究授業には、市教委から森継教育長と池田指導主事、地域からは福住小学校長ややまだこども園長がたにも参観に来ていただきました。お忙しい中、ありがとうございました。今後ともご指導をよろしくお願いいたします。

 国語の授業は、メディアの活用方法についての意見文を自分たちで作成するものでした。しっかり話し合って1時間で条件にあった意見文を考え発表していました。

 

 数学の授業は、平行四辺形の定理の3つについて、ペアで証明を考えるものでした。ヒントカードなども活用し、今まで習ったことを思い出して、証明を説明し合っていました。