箏の音がかすかに聞こえてきたので、音楽室をのぞいてみると、1年生が一人1面ずつ箏の前に座り、「さくらさくら」を一生懸命練習しているところでした。練習後には、自分たちで、琴柱をはずして、ていねいに片付けもしていました。茶華道同様、日本文化を学ぶ貴重な授業となっています。