職業講話(看護師)がありました。

「天理よろづ相談所憩いの家」のがん支援センターで看護師長をされている松尾理代さんにお越しいただき、職業講話をしていただきました。奈良県で初めて緩和ケア看護師の資格を取られた松尾さんが、看護師になったきっかけから、仕事の内容ややりがいなど、具体的にお話しいただき、みんな一生懸命聞いていました。大変お忙しい中、職業講話に来てくださりありがとうございました。

《生徒の感想より》

 ・松尾さんのお話を聞き、いろんな方面で人を助けることができると知りました。患者さんの話だけでなく、ご家族のお話も聞いてあげる、そんな人の役に立てる仕事をしておられる松尾さんは素敵な方だなと思いました。自分が話しを聞いてあげるだけでなく、学んでいると言うことも知って驚きました。そんな素敵な働き方をしたいと思いました。

 ・僕はあまり看護師に興味はありませんでしたが、なぜか聞いているうちに真剣になっていました。僕の家にはおばあちゃんがいるのでいつ介護をしなければならなくなるかは分かりませんが、もしその時がきたら、一生懸命頑張りたいと思いました。将来、看護師の道に進むのもいいかなと思いました。