6時間目に、交通安全教室を実施しました。天理警察署から山荘さん、JAFから竹ノ内さん、小林さん、福田さん、福住駐在所の森田さんにお越しいただき、指導いただきました。

 まず、自転車の運転についての注意点を聞き、実際に体育館でコーンの間を縫うように走行したり、片手走行したりして危険を感じてもらいました。また、服装の色によって自動車などからほとんど見えない、見えにくいことを教わりました。いざという時の自転車保険について、本校では、入学説明会で任意の加入を勧めていますが、加入数は実際はごく少数ということもわかりました。

 自動車衝突体験用セットでは、衝突の衝撃を体験してもらい、後部座席のシートベルトの必要性など、1人ひとりが実際に実感できたようでした。

 《生徒の感想より》

 ・私の家族は、前後のどっちに乗ってもシートベルトをするので少し安心しました。周りにシートベルトをしていない人がいたら注意したいです。

・ぶつかった瞬間の衝撃で首が前後にものすごく揺れビックリしました。30キロぐらいのスピードと思っていたら7キロといわれ、普通に事故したらこれ以上の衝撃があるのかと怖くなりました。

・自転車の片手運転は、思ったよりも不安定でした。私は自転車通学なので教えてもらったことをちゃんと守ろうと思いました。

        

 本日は、お忙しい中、5名の皆様にご指導いただきありがとうございました。運転する側も、歩行者側も、安全に通行できるようにこれからも注意していきましょう。