4月18日、全国学力・学習状況調査を実施しました。

 
今年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)では、初めて英語のテストが実施されました。「聞く・読む・書く・話す」の4技能を問い、自分の考えを英文で書かせるなど表現力を重視した出題が目立ちました。
「聞く・読む・書く」能力を測る45分間のテストの後に、パソコンとヘッドセットなどを使った5分間の「話す」テストが行われました。本校では、普段からスカイプなどの授業で「話す」機会を設けていますが、中3生は果敢にチャレンジしていたようです。
国語と数学では、知識を問う基本問題(A)と、思考力を測る応用問題(B)に分かれていたものが、今回からA、Bの区分をなくし、統合され、問題数は中3生で同7割減となったそうです。その分、答えに至る過程を文章で説明させる出題などを増やし、思考力や表現力をみる狙いが明確になり、身近な題材を取り上げながら応用力を問う問題も多かったようです。
本校では、職員室廊下に問題解答共に張り出していますので、中3生以外の皆さんも、どんな問題だったのか、一度解いてみてください。