長かった夏休みが終わり、2学期が始まりました。福中生全員が元気に登校し、始業式を迎えました。校長先生からは、「自信と誇り」という話がありました。夏休みの高校野球で話題になった金足農業の堂々とした校歌斉唱の様子や、アジア大会でのメダルを取った人たちの頑張りを紹介しながら、福中のみんなの頑張りを確認し、誇りに思うといった話でした。

その後の表彰では、全国中学生水の作文コンクール奈良県審査会で優秀賞3人、入選2人受賞、優秀賞の生徒は琵琶湖淀川流域賞も受賞しました。

市民体育大会卓球の部では、1年生女子の部で2位、3位を受賞しました。

これらは、日々の頑張りの結果だと思います。

式後は、学級で、夏休みの宿題を提出し、早速体育館に集まって、9月末の校区体育祭について話し合ったり、ダンスの練習に精を出したりしていました。

熱中症対策や台風対策など、いつもと違った2学期のスタートになりましたが、自分の役割をきちんとこなしながら、自信と誇りをもって、2学期を過ごしていって欲しいと思います。