今年も、8月9日の全校登校日に、全校道徳を行いました。

1時間目は、徳田先生から「近代までの広島」と題し、広島について歴史的な視点から学びました。2時間目は、昨年に続き、宮久保先生の「何度も広島を想うPart2」。なぜ、広島に原爆が落とされたのか、軍都「広島」・似島の歴史等について学びました。

私たちができることは、広島を忘れず考え続けること、広島の地でたくましく生きた人々のことを想像することをみんなで一緒に考えること・・・。

みんな、一生懸命、広島について考えた時間でした。