6限の全校道徳で、金丸先生による「LGBT」についての授業がありました。

最近よく聞く「LGBTQ」のそれぞれの意味や、何でも多い方が正しいとは限らない、いろんな人がいて、みんなひとりの人間なんだということを学びました。

~みんなの感想から~

・LGBTという言葉を初めて聞きました。トランスジェンダーの人は、悩んだりすることがあると知ったので、もっと自分らしく生きていくための工夫ができたらいいと思いました。

・今までマイノリティ(少数派)の人に出会ったことがなかったから、少し難しかったけど、自殺しようと考えてしまうくらいつらいこともあるのを初めて知った。もし、自分の周りにそんな人がいたら、受け入れにくいこともあるかもしれないけど、生きにくい世の中に自分がしてしまったらだめだと思いました。

 ・LGBTについて性のことがよくわかった。また、性のことで悪口を言ってはいけないと思った。僕がもしLGBTの人に出会ったらからかったりするのではなく、違う人に相談したり、その人の悩みを聞いてあげようと思った。