本日、天理警察署生活安全課の片山享利巡査長にお越しいただき、薬物乱用防止教室を開催しました。

前半は、覚醒剤の怖さを映像から学びました。後半は、片山巡査長から、さらに具体的な内容を教えていただきました。薬物は中毒になるだけでなく、使用量もどんどん増え、何よりも一度使用すると、脳の異常が戻らず、一生フラッシュバックに苦しむ恐ろしいものだと知りました。その後、スマホ等への写真投稿の危険性についてもお話がありました。終了後、生徒からは次のような感想が寄せられました。

「もし誘われたら、絶対断ろうと思いました。」「1度やったら2度とやめられないと言うことを初めて知りました。」「幻覚で虫が見えるのが怖かった。」「注射の跡が怖かった。」「TVなどで見たことがあるけどここまで詳しく知らなかった。」「家族にも教えてあげようと思った。」など

お忙しい中、どうもありがとうございました。