1月20日(土)天理市文化センターで『てんりスマホサミット』がありました。
最初に、帝塚山大学の日置慎治教授から「天理の子ども達を取り巻くネット・スマホの現況について」の講演がありました。今年は、前栽小、朝和小、北中、南中、福住中、西中、天理中、添上高、二階堂高の児童生徒が参加し、天理大学と帝塚山大学の学生がサポーター役となり取り組みを進めてきました。本校でも、2年生の植田さん、遠木さん、藤尾さんの3人が中心になって「福中サミット」に取り組み、その様子を発表してくれました。また他校のメンバーと一緒に作った啓発動画の発表もありました。ワークショップや動画撮りなどを含め、福中生が積極的に参加し、堂々と発表している様子をとても嬉しく誇らしく思いました。自分たちで考えたルールをしっかり守っていってほしいと思います。

日置教授の講演 発表中 動画 福中サミット 福中ルール  てんりスマホ宣言