7月は差別をなくす強調月間です。「ヘイトスピーチを許さない」というテーマで、本日全校一斉授業を行いました。

金丸先生から、ヘイトスピーチの現在の状況や形態、政府の取組やスピーチの影響などについてパワーポイントで説明があり、その後、ヘイトスピーチのない社会を作るにはどうすればいいか、私たちにできることを考えました。

ヘイトスピーチについて考える  感想

中にはヘイトスピーチについて初めて知ったという生徒もおり、みんな集中して先生の話に耳を傾けていました。学習後の感想を次に挙げておきます。

・「情報が正しいか正しくないかは自分でしっかり判断していくことが大切だと思いました。」

・「みんな平等な世界がいいなと思いました。」

・「ヘイトスピーチをするということは相手を見下しているということで人はみんな平等であると思います。」

・「差別をする人は自分も仲間も何も守れない。」