全校生徒が3グループに分かれて、スマホサミットに向けて話し合いを持ちました。

先週の土曜日、市教育総合センターでスマホサミットのワークショップに参加した2年生の3人が今回ファシリテーター役となり進めてくれました。まずは、アイスブレーキングでじゃんけんゲームです。みんな緊張がほぐれ意見が出しやすくなったようです。

 アイスブレーキング  

次に、KJ法を使って、班ごとでひとり一人がスマホの良い点、悪い点を考え、1つずつ付箋に書き込んでいきます。2,3年生はKJ法を経験しているので、ファシリテータ役の3人を中心にスムーズに進行し、記入した付箋をどんどん模造紙に貼り付けカテゴリー別にグループ分けしていました。スマホ依存症のことも出ていて、心配する声もありました。その後、自分たちが気をつけなければならないこと、できることを出し合い、まとめて班ごとに発表しました。時間を守る、宿題を先にする、自分の部屋に持ち込まない、夜遅くしない、本当かうそか見極めるなどあがっていて、是非実行してほしいと思います。

KJ法         

この様子は来年1月20日(土)の「天理スマホサミット」で発表します。また、本校では3学期に講師を招いてスマホ教室を開催し、スマホを含むインターネットの利用についても学習する予定です。