すべての教室へ新聞を・・・

 NIE(Newspaper in Education)という言葉をよく見かけるようになりました。学校などで新聞を教材として活用することです。正解がない時代を生きる子どもたちにとって、自分の解を導くためにタイムリーな新聞の情報は大変重要です。

 その流れを受けて、「すべての教室へ新聞を」運動が、2004年4月に東京都葛飾区の金町・水元地区から始まり、全国で3000校近くで実施されています。本校でも、毎日新聞社のご協力により届けていただくことになりました。5/6年生の教室前に毎日届けられています。全校児童だれでも3Fへいくと新聞を読むことができるようになっています。本当にありがたいことです。