【2月6日】

みそづくりを体験したよ

 今、さーやとまめぴーは3年生教室にいます。今日は、収穫した大豆と5年生が前出さんの水田で田植えをし、育てて稲刈りをした米を使って、みそづくりに挑戦しました。

 味噌ソムリエの藤尾和美さんにご指導いただきました。藤尾さんは昨夕に来てくださって、大豆を洗って一晩漬けてくださいました。

 今朝は、早くから中岡さん、松下さん、森口さん、松本コーディネーターさんも一緒に来てくださって子どもたちを助けてくださいました。

 1月の中頃に5年生の収穫した米を麹屋さんに持っていって米麹にしていただきました。大豆は1年生から6年生までが育てた大豆と福住地域でとれた大豆です。

 味噌づくりは、たくさんの作業工程があります。一晩水に漬けた大豆を圧力なべで煮ること、塩切麹を作ること、煮た大豆を潰すこと、塩切麹と潰した大豆を混ぜてこねること。お団子をつくって空気を抜くこと等々。その作業を丁寧に教えながら一緒にしてくださいました。お陰さまで3年生の子どもたちはたくさんの経験ができました。

 藤尾さん、中岡さん、松下さん、森口さん、松本さん、子どもたちに体験させていただいてありがとうございました。今年の夏の給食にお味噌汁として登場するのが楽しみです。