【1月21日】

むかしのあそびを おしえてもらって たのしくあそんだよ

 今日は、朝から地域の人に来ていただいて昔の遊びを教えてもらいました。

やまだこども園のお友だちはバスに乗って来てくれました。1年生と2年生の子どもたちは、朝から準備万端です。

 まず、体育館で5人のおじさんとおばさんのお話を聴きました。

 次に、グループに分かれて遊び体験交流をしました。お手玉、あやとり、ゴム鉄砲、竹トンボ、コマ回し、羽根つき、竹馬です。ゴム鉄砲は中尾さんが割りばしとゴムで作ってきてくださいました。的も手作りです。ゴムが当たったら倒れて、レバーを引くと起き上がるように工夫してくださって子どもたちは大喜びです。お手玉は榊原さんが、あやとりの紐は水口さんが用意をしてくださいました。

 ボランティアの皆さんは、「昔はお店で買ってくるおもちゃはありませんでした。お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんたちが作ってくれたおもちゃで遊びました。」とお話をしてくださいました。始めは、遊び方にぎこちない様子の子どもたちでしたが、最後の羽根つきや竹トンボ、竹馬で遊ぶころには、体育館の中を所狭しと駆け回り元気いっぱいの様子でした。

 最後に紐やあやとりを使ったマジックを見せてもらったり地球ゴマを廻してもらったりして楽しく終わりました。水口さんご夫妻、中尾さん、榊原さん、木村さん、本当にありがとうございました。