【1月13日】

高く上がった、児童の硬筆作品、毛筆作品

 今日は、氷室神社の学進祭と『とんど』がありました。10時から祝詞をあげられて粛々と祭事は終わりました。児童の作品は青竹の先に結ばれて用意をされています。『とんど』に神主さんが火を入れられて、火が大きくなってくると作品を燃しました。高く上がると字が上手になると言われています。もっともっと高く上がれと願いながら子どもたちは燃しました。SJSの子どもたちの書いた作品や地域の方の書かれた作品もどんどん燃されて上に上がっていきます。

       
       
       

 地域の方は、朝から雑煮やぜんざいの用意もしてくださいました。竹の先にお餅を刺してとんどの火で焼く体験をする子どももいました。

 ジョブズスクールに参加した子どもたちは上入田の岡田さんから学進祭と『とんど』の話を聴かせていただきました。

 
 

 福住小学校の児童の作品は、お正月の間、やまだこども園と福住中学校の園児生徒の作品と一緒に、本殿に掲示されました。