7月16日

第20回氷まつり

 「福住氷まつり」が開催されました。建国記念の日に氷室へ入れられた氷を取り出しました。

 まず、宮司さんによる氷室開口神事があり、その後、氷取り出しがありました。

参加者は氷室に入り、残氷の見学をしました。未来クラブの皆さんを中心に子どもたちは氷室から氷の運搬を手伝って、大八車に載せました。大八車を子どもたちが引っ張って福住小学校まで歩きます。

 毎年、氷が何キログラム残っているかを計量されます。今年の残氷量は、957キログラムでした。

 福住小学校で模擬店が開かれました。6年生の有志の子どもたちはビーズアクセサリーの模擬店を担当しました。希望者が多くて大賑わいでした。当日は、酷暑となりましたが、参加した子どもたちはとても楽しい一日を過ごしました。