7月12日

自分の命は自分で守ろう

低学年と高学年に分かれて着衣水泳をしました

  服を着たまま水に入ると身体がとても重くなって動きがとれなくなる体験と、身体を浮かせるためにどうするかを体験しました。

自宅からペットボトルを用意して学校へ持ってきてくれました。2リットルのペットボトルは水に浮くことから低学年の身体はうまく胸に抱えて浮きました。

 夏休みを迎えるにあたって、自分の命は自分で守るために、「池や川には近づかない、危険なところへ子どもだけでは行かない」ことを覚えて、守ってほしいです。

高学年の子どもたちは、呼吸を確保するために、天を仰いで上手に浮いています。