8日金曜日は雨が降ったので、かけ足練習ができませんでした。そこで、全校で8の字大なわとびに挑戦しました。大縄を回している間に1回跳んで反対側に周り、また跳んでいきます。上から見ると、子どもたちが8の字を書くように動きます。高学年になってくると間を空けずに次々と跳んでいくことができます。1年生も回す縄を跳ぶことに慣れてきました。今回の3分間の最高記録は、6年生の200回でした。すごい!。各学年の記録は、1年26回、2年33回、3年56回、4年115回、5年107回、6年200回でした。また、次のチャレンジで、記録の更新を目指してください。