校区に住んでおられる水口さん、中西さん、岡本さん、東谷さん、髙畑さんに来校していただき、平和学習として6年生に戦争当時の体験談を語っていただきました。福住校区でも爆撃機が飛来して空襲警報が鳴ったとか、食べ物や着る物などほとんどなくて苦労したことや、身内の方が死んでいってしまった話、など子どもたちにわかりやすくお話をしていただきました。子どもたちはインターネットや教科書等で調べてはいましたが、実際に体験された方々のお話を聞くことで、その当時の悲惨な現状を知ることができました。平和についてしっかり考えるよい機会となりました。このことは、来週の広島への修学旅行できっと活かされることでしょう。