水泳学習の最後に、毎年「着衣水泳」を体験してもらっています。着衣水泳とは、もし川や池、海に落ちた時、どうすると命が助かるかという訓練です。服を着て水に入るとすごく重く感じます。だからといって水中で服を脱ごうとすると、なかなか脱ぐことができずおぼれる原因にもなります。いかに助けが来るまで浮いていられるかということを体験しています。ペットボトル1こあるだけで違います。あわてず長い時間浮くためにどんな姿勢がよいのかも学習しました。